北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

アメリカ「北朝鮮と仲良くしたら絶交だからな!」

お悩み相談です。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0208/224164.htm

あの子と仲良くしたら絶交だからね。。。

子どものいじめと同じことが国家間で行われているから驚きだ。
続きを読む

口先だけのトランプが北朝鮮を攻撃できない理由

次回のメルマガ配信は8月15日。

登録はこちら

(次回予告)

★口先だけのトランプが北朝鮮を攻撃できない理由★

-チキンレースではないトランプの逃げ
-米朝のパワーバランスは変わった
-狭まるトランプの選択肢
-日本政府がすべきこと

米国は北朝鮮に負け続けているという驚愕の事実

朝鮮半島の核問題は米国の韓国駐留に起因することは今さら言うまでもない。

第二次世界大戦後、朝鮮半島北部はソ連が、南部は米国が統治。互いに軍隊を撤収させる約束だったが、米国がそれを破り、継続して軍隊を駐留させた。

米国は南部の親米勢力を支援し、単独選挙、大韓民国建国へと導いた。

そして朝鮮戦争が勃発。

平壌奪取、共産主義打倒に失敗した米国は停戦協定に調印した。

停戦協定では、中国、米国、両国の軍隊の撤収が明記されているが、またしても米国はこれを破り、継続して米軍を駐留させた。

そして停戦から数年後に韓国に核兵器を持ち込んだ。

こうした歴史から、朝鮮半島の核問題の原因は米国であり、常に核の脅威に晒されてきた北朝鮮が核開発に走るのは当然の自衛策だと言える。

米国は自分の行為は棚に上げ、北朝鮮の核だけを問題視しているが、米朝間では米国の敗北だけが歴史に刻まれている。

今回もその流れにあることは明確だが、その前に米国の2度の敗北について振り返ろう。
続きを読む

安倍電撃訪朝の噂の震源と可能性

安倍首相の電撃訪朝、金正恩委員長との会談、、、

そんな噂が広がっている。

支持率急落で政権が危機的状況にある安倍政権が巻き返しの一手として訪朝するという内容だが、、、

まったくバカバカしい。

★安倍首相電撃訪朝の噂の震源
★安倍-金会談の可能性
★北朝鮮の反応

という内容
続きを読む

朝米和平迫る、北朝鮮ICBMで米国の敗北は確定

無料メルマガ「アニョにちは」No.0063 発行日:2017.07.20

★朝米和平迫る、北朝鮮ICBMで米国の敗北は確定★

-手出しできない米国
-米国の敗北という意味
-トランプはどう動く?
―朝米和平に備える周辺国続きを読む
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら

7/20配信の内容

★朝米和平迫る、北朝鮮ICBMで米国の敗北は確定★

-手出しできない米国
-米国の敗北という意味
-トランプはどう動く?
―朝米和平に備える周辺国