北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

朝米会談と共同宣言明らかになったマスコミの嘘

ようやく一つの峠を越えた。

史上初の朝米首脳会談では共同宣言が発表された。

共同宣言を文字通り読めばわかることなのに、色眼鏡でしか読めない日本のマスコミは、とんでもない評論を垂れ流している。

政府と同じく世界からカヤの外に置かれている。

北朝鮮が核廃棄を切り売りして見返りを求めているという構図でしか考えられない単細胞なマスコミがこんなに多いのかと驚愕した。

そういう構図の対話なら、アメリカが乗ってくるはずがない。

アメリカは自国の安全保障と国際的地位が脅かされたから、北朝鮮を核保有国とみなし独裁者と対等に話し合うという屈辱を味わってでもテーブルにつくしかなかった。

ただそれがトランプの金勘定にうまくマッチした。

だから会談に至った。

共同宣言書名の後、記者たちがトランプに一生懸命質問していた。

なぜ独裁者と話し合うのか、なぜ譲歩するのか。

トランプはああだこうだ説明していたが、それが最善にして唯一の道だと断言した。

当ブログが再三指摘してきた。

①北朝鮮が求めているのは体制保証でも、核廃棄の見返りでもなく、安全保障なのだ。

共同宣言を見ればわかるように、security guarantees=安全保障

President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.
体制保証を求めたとか嘘をつくから、北朝鮮がお願いして会談をし、見返りを要求しているような幻想が語られてしまうのだ。

そうではなく、トランプ大統領が約束したのは安全保障なのだ。

だからアメリカとの協議は軍事演習中止、終戦・平和条約締結、駐韓米軍撤退、朝米国交正常化ということになる。

朝米両首脳は、朝鮮半島の平和と安定、朝鮮半島の非核化を進める過程で段階別、同時行動原則を順守するのが重要であることについて認識を共にした。

北朝鮮はアメリカに核兵器の見返りとしての経済支援を求めたことはないし、それを話し合ってはいない。

アメリカは制裁を続けると言っていることでもわかることだ。

核廃棄の見返り議論はまさに政治家やマスコミ、エセ評論家のでっち上げなのだ。

このことは日朝関係にも言える。

北朝鮮が日本に求めているのは植民地支配の謝罪と賠償なのだ。

②朝米間で話し合われている「朝鮮半島の非核化」とは、北朝鮮の一方的な武装解除ではなく、南北含めた文字通り朝鮮半島の非核化であり、そこにはアメリカの核兵器も当然含まれる。

アメリカはこの点をぼかして焦点を北朝鮮だけに向けようとしているが、実際に話し合われていることはこういうことなのだ。

これも共同宣言を読めばわかる。

complete denuclearization of the Korean Peninsula

③朝米間で拉致問題が議題に上がる訳がない。

安倍首相が自ら、日朝間で話さないといけないと言ったように、朝米会談で議論する問題ではない。

※ ※ ※

当ブログの過去記事を読めば、当方が幻想を語っているのか、日本のマスコミが幻想を抱いているのか、一目瞭然だろう。


朝米首脳会談の開催地はシンガポールに

世界が注目する歴史的な朝米首脳会談の開催地はシンガポールになった。

当ブログの予想は完全にハズレてしまった。

深くお詫び申し上げます。

そして、ここに言い訳を記します。

シンガポールに決まった意味は?続きを読む

主導権は平壌に、朝米がすでに合意している内容

ポンペオ国務長官が再び訪朝し金正恩委員長と二度目の会談を行い、トランプ大統領のメッセージを伝えた。

これに対し金委員長は、大統領が新しい代案を持ち、対話を通じた問題解決に深い関心を持っていること、朝米首脳会談に積極的な態度をとっていることを評価し、謝意を表した。

これを読めばもうおわかりだろう。

金委員長は初回ポンペオ面会時に伝えられたトランプ大統領のメッセージには不満だったが、今回トランプ大統領が示した新しい代案を評価した。

米国が主題をクリアしたわけだ。

主導権は平壌にある。

米国→北朝鮮への要求

「恒久的で検証可能かつ不可逆的な非核化」(PVID)

①核凍結
②核申告
③核廃棄
④核査察

北朝鮮→米国への要求

①米国が韓国に持ち込んだ核戦略資産の撤収
②米韓合同軍事演習に核戦略資産を投入しない
③在来型兵器及び核兵器で朝鮮を攻撃しないと保障する
④停戦協定を平和協定に転換する
⑤北朝鮮と国交を樹立する
⑥対朝鮮制裁を緩和する

[ここまでは合意。以下は米国が自発的に行う項目]

⑦対朝鮮敵視政策の撤廃
⑧米韓合同軍事演習の中止
⑨駐韓米軍の撤退
⑩米韓同盟放棄

朝米首脳会談の開催地は平壌・・・という予想

朝鮮半島情勢が平和、対話を中心に急展開している。

こうなると「北朝鮮の本当のはなし」も世に出回るようになり、当ブログの執筆テーマも限定的になる。

ブログ更新、メルマガ配信が滞っている言い訳としておく。

さて、世界が注目する歴史的な朝米首脳会談が迫っている。

そこで気になるのがその開催地。

当ブログが一貫して主張(予想)する平壌開催について解説しよう。続きを読む

南北首脳会談、板門店開催の意味

4月27日の南北首脳会談は板門店で開催される。

場所がら会談前後のセレモニーや宴会、観光(視察)、交流などはやりにくい。

それに休憩、食事はどうするのか?

27日に合意に至らない場合は、翌日また再開ということか?

いずれにせよ板門店であることから、純粋に会議に集中する姿勢は読み取れる。

一方、今後、板門店での首脳会談や高官級会談が定例化される可能性はある。

また、北朝鮮が文大統領を平壌に招待すれば、必ず韓国も金委員長をソウルに招待する。

そういった会談に付属するイベントを27日には省くことで、対話、交流の流れをつなぎ、広げる意味合いがる。

つまり、対話が点で終わらないように、線、面、立体へと可能性を広げる意味が逆に含まれるように思う。
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら