北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

迫る米朝会談、アメリカは和平前に武器を押し売り

Massive military & energy orders happening+++!

これはトランプ大統領のツイートだが、どれほどうれしかったのか、こんな記号の使い方を見たことがない。

だがそれもそのはず。。。

続きを読む

米朝対立の着地点を展望する

緊張が激化する米朝対立の着地点はどこにあるのかを展望する。続きを読む

国民の血税のみならず命まで差し出す安倍大先生

テレビがめでたいのか、愚行を許す国民がめでたいのか、、、

トランプ、安倍という客観的に見て完全にアウトな(少なくともメディアはそういう報道してきた)無能政治家の猿芝居に何をフィーバーしているのやら。

対話の時ではないなら戦争だと言うことか?

安倍首相は、政治素人のトランプ大統領をおだてて北朝鮮を攻撃するようそそのかし、その火の粉をかぶってでも日本の武装強化を進めようとしている。

日本が戦争被害に遭っても、自分の政治信条を達成できるのならいいという発想だ。

北朝鮮の核ミサイル脅威をことさら煽り立てる一方、平和的解決の努力をした痕跡は一つもない。

何度でも書くが、安倍首相の狙いは、北朝鮮を滅亡させるため、米国に軍事攻撃を実行させ、日本の自主防衛強化を進め、自主独立日本を築くこと。

そのためには国民の血税を献上し、命までも差し出す。

アメリカ帝国さえも踊らされる。
続きを読む

トランプ大統領アジア歴訪の本当の中身

「金正恩の暴走を…」「金正恩を締め上げて…」

「トランプ大統領が来られて…」「トランプ大統領にお会いいただいて…」

同じ人物がコメントの中で発した言葉なのだが、評論家がテレビで発する言葉としては不適切だ。

崇米事大、つまりアメリカの犬にしか見えない。

トランプ大統領のアジア歴訪は、米国が北朝鮮に対して軍事オプションを選択した場合の対応策などを話し合うものでもはない。

まったくその逆で、米国が北朝鮮と対話を開始することを同盟国に通達し、その対応策を考えるよう求める内容だ。

続きを読む

衆院選総括で読みたい記事、「保守」「リベラル」、用語解説

衆院選は自公の勝利となった。

小池・希望の大失態によって、バラバラになった野党は、勝てる選挙を落とした。

しかし、枝野・立憲民主は今後の日本政治に少しばかり明るい光を灯した。

右か左か、保守か進歩か、リベラルか、権威主義か、

不用意な言葉の使い方によるレッテルの貼り合いをやめさせ、政治思想信条に率直に向き合う必要性を説いたと思う。

保守とリベラルは対局ではない。

今回の衆院選に関してさまざまな記事が出回っているが、この記事が一番勉強になった。

「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら