北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

人の生死をも操るジャパン・ブランド

日本のメディアにおいては、北朝鮮人は消えては現れ、死んでは生き返ったりする。これが報道業界のジャパンブランド。

牡丹峰楽団の団長である玄松月は、日韓のメディアで2013年に「死んだ」。

当時は銀河水管弦楽団の歌手で、わいせつ動画を配布したとして銃殺されたと伝えられていた。

さらに、金正恩の愛人だったとされ、度々粛清説が伝えられていた。

当サイトは玄松月が生きていて、重責についていることを何度も指摘してきた。

そして翌年、牡丹峰楽団の団長として、全国芸術家大会の演壇で演説をし、健在ぶりが確認された。

余談だが、牡丹峰楽団中国ツアーで、玄松月のインタビューが報道されている。

韓国メディアの大半は銃殺説があったと、過去の経過を補足して伝えているが、日本メディアの大半はしれっと流している。

ジャパンブランド恐るべし。

「強制」を認めたくない人々へ、毎日新聞記者の書2

1938年4月国家総動員法公布後、朝鮮人は労働者約80万人、軍人・軍属約37万人が動員され、労働者の動員は3段階で深化した。
 
最初は39年9月からの「募集」。実際は政府が割当人数を決め、企業は指定地域の行政や警察の支援で頭数をそろえ、集団で内地に連れ帰ったが、40年には過酷さが知られて集まらなくなり、行政・警察が強圧的に集めた。

企業間で奪い合いになり、42年2月から朝鮮総督府が動員を受け持つ「官あっせん」となって、老人や病弱者まで連行された。旧内務省の現地視察報告書は「志願報国」の実態を「不意打的人質的略奪的拉致」と表現している。

44年9月からが「徴用」。法律に基づく強制連行である。「強制はなかった」論は、こうした行政用語にすがり、膨大な体験を否定したがるが、役人の言い逃れにも似て、むなしい。

「強制」を認めたくない人々へ、毎日新聞記者の書

金さんたちは自分の足で警察署に出向き、列車と船に乗った。でも、自分の意思だったのではない。支配していた国の計画、「官斡旋の徴用」に従うしかなかった。それが、支配だ。

戦後これを「徴用・雇傭」という戦時用語でなく、あえて「強制連行」と呼ぶのは、有無を言わさず行かされた実態をありのまま表すためだ。慰安婦にも、それは当てはまる。特攻の多くも、「強制」に他ならない。それが、戦争だ。

戦後70年談話で安倍晋三首相は、世界史における植民地支配の盛衰を主に語り、日本の支配の実態には踏み込まなかった。だが、植民地には、戦争責任と同様、支配した責任がある。

脱北者のウソ・ホント 仲間割れも頻繁

いわゆる脱北者、「良心的な脱北者」と「非常識な脱北者」とに分けてみる必要がある。

圧倒的多数の「良心的な脱北者」は、メディアや公の場で目立つことを避け、ひっそりと生活している。早く社会に適合し、政治から離れて静かに暮らしたいと願っている。

「良心的な脱北者」のほとんどが、北に家族、親せきがいる。身内に迷惑をかけたくないので、おとなしくしている。また、良くも悪くも自分の故郷。内情を知りもしない人にやいのやいのと言われたくない。

「非常識な脱北者」は、生活苦からやむなく、もしくは金儲けのために「北の実情」を話す、極少数の人々だ。

個人の体験や経験などたかが知れている。それなのに出てくるわでてくるわ。

見たことも聞いたこともない話を誇張、拡大してよくしゃべる。

金正恩がどうだ、横田めぐみがどうだ、、、

自分が見たことなのか、聞いた話なのか、国情院に吹き込まれた台本なのか、見わけもつかなくなっているようだ。

「1990年代に脱北した者が金正恩や今の北の現状を知っているはずがない」

金正恩の叔母夫婦がこう指摘しているのだから、これ以上に信憑性のある言葉はない。

圧倒的多数の「良心的な脱北者」のうちの極一部の人が、北への帰還を望んでいる。

圧倒的多数の「良心的な脱北者」のうちの別の極一部の人が、「非常識な脱北者」の偽証言で名誉を傷つけられている。

在米、在英と、比較的身辺の安全が確保される地で暮らす脱北者が、「非常識な脱北者」を相手に名誉棄損などで訴訟を起こしたり、メディアに訴えたりしている。

盗掘大国日本、文化財強奪認めず、返還応じず

外国人観光客が急増し、サムライ、すし、アニメ、家電など日本の商品、ブランドが世界で注目されているが、日本の、そして西側のメディアにしか接しない、嫌韓、嫌中、朝鮮アレルギーの国民にはまったく理解不能な歴史的事実がある。

日本はかつて朝鮮を植民地支配した。

この文章だけで全身にじんましんができる日本人がどれほど多いことか。

いわゆる北朝鮮と韓国は同じ民族で、かつては一つの国で、それを日本が強制占領した事実を知らない、認めたくない、否定したい人が多すぎる。

だが、朝鮮半島の貴重な歴史文化財がなぜ日本にあるのか、その経緯をたどれば歴史の真実が見えてくる。

1925年に朝鮮総督府の公式的な許可を得たという東京帝国大学による発掘調査が、平壌の「楽浪」遺蹟で実施された。この「調査」は「古蹟調査課」が前年に廃止されたこともあって、民間からの資金援助をあおぎ実現したものだった。東京帝大は王旰墓と名づけられた古墳を掘り、おびただしい出土物を日本へ持ち去った。

1993年5月20日付の読売新聞の紙上に、「浦上コレクション~百億余、故郷・萩市へ」という記事が掲載された。その報道によれば山口県萩市出身の世界的な浮世絵コレクターとして知られている美術コンサルタント会社の浦上敏郎社長が「ふるさとのためにコレクションを生かしたい」と所有する浮世絵や中国、朝鮮の陶磁器などその金銭的価値が計百億以上の美術品を萩市に寄贈したとのことだ。寄贈された朝鮮陶磁器は、高麗王朝から朝鮮王朝までの86点であり、これを貨幣価値に換算すれば約20億円に相当するという。この記事は日本人からすれば美談であり、まれに見る快挙であろう。しかし朝鮮人はとても同じ心境にはなれないのである。なぜならばかつての日帝時代に日本人によって高麗青磁や李朝白磁などが大量に略奪された被害を受けているからである。

http://chosonsinbo.com/jp/2015/10/sk192/
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら

7/20配信の内容

★朝米和平迫る、北朝鮮ICBMで米国の敗北は確定★

-手出しできない米国
-米国の敗北という意味
-トランプはどう動く?
―朝米和平に備える周辺国