北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

北朝鮮の人工衛星の位置を確認できるサイト

【毎日】北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射で地球周回軌道に投入された2個の物体のうち一つに「KMS4」との名称を付け、同軍の衛星カタログに登載したと明らかにした。

【日経】北朝鮮が打ち上げたと表明した地球観測衛星「光明星(クァンミョンソン)4号」は「KMS4」と名付けた。

ミサイルを発射した北朝鮮が物体を衛星軌道に載せたと、訳のわからない発言を連呼する日本の政治家、官僚、マスコミの話はあてにならない。

北朝鮮が打ち上げたものがミサイルなのか人工衛星なのか、物的証拠を示すことはできませんが、数々の状況証拠から人工衛星であることに間違いはない。

北朝鮮がロケットで打ち上げた地球観測衛星の位置をリアルタイムで確認できるサイトがあるので、北朝鮮が人工衛星を打ち上げたのは嘘だ、疑わしいと思う人が自分で確かめてください。

サイトは
↓↓↓
続きを読む

下町ロケットはミサイル開発? 日本政府の下心


朝日新聞は米戦略軍が7日に人工衛星が軌道に乗ったことを発表していたのを、9日朝刊外報面のすみに1段で「地球周回軌道に2つの物体乗る。米報道、ミサイル発射後」と小さく伝え、8日の読売新聞朝刊も衛星を「搭載物」と書くなど、衛星隠しに努めた

日本政府はなぜそこまでしてミサイルだと言いたいのか? 

北朝鮮の1月6日の「水爆実験」と今回の人工衛星打ち上げが安保理決議に違反していることは明白で、日本政府やメディアが北朝鮮を非難するのに無理をして「ミサイル」と強調する必要は本来はない。政府には弾道ミサイルに対する脅威感を煽って、2004年度から15年度までの12年間で、すでに1兆3500億円余を費やしたミサイル防衛予算をさらに増やしたい下心があるのでは、と感じる。

下町ロケットはミサイル開発なのか?

固定式の発射台から発射され、移動が不可能、即時発射もできない「テポドン2」のようなロケットは弾道ミサイルには不適だ。日本のH2Aも同様でICBMにはまず使えない。日本の今回の騒ぎは「H2AはICBMだ」と言うのと同然だ

破壊できない破壊措置命令

政府は「破壊措置命令」を出し、はるばる沖縄の宮古島、石垣島にまで「PAC3」を運び込んだがこれは滑稽だ。北朝鮮のロケットが順調に飛べば日本領域に落ちることはなく、日本の領空外の宇宙空間を通るだけだから迎撃の必要はない。

北朝鮮の「ミサイル」を口実に、さらなるミサイル防衛強化予算が組まれるだろう。
続きを読む

日本人が知らないこと、忘れていること

日本がアメリカから自立してまともな独立主権国家となり、日本人が巨悪や権力に屈せず自分の頭で思考できるようになるのであれば、当ブログが北朝鮮の回し者呼ばわりされても一向にかまわない。

北朝鮮について知るには、彼らの主張に耳を傾けることが大事だが、次のような歴史的事実(日本ではなかったことになっているが)を踏まえておきたい。

さて、、、 
続きを読む

北朝鮮報道はテレビのドル箱

北朝鮮報道は金になる。。。続きを読む

破壊措置命令の誤解


ガラクタを運ぶこの茶番にいくらかかっているのか。

そもそも、日本が事実上の弾道ミサイルと言い張る北朝鮮のロケット。

日本はPAC3を展開し、破壊措置命令を出しているが、これはロケットを打ち落とすための命令ではない。

にもかかわらず、メディアの言い方が誤解を生み、発射=迎撃=避難と勘違いしている人が多い。

「万が一、ミサイルの一部が落下するおそれがある場合に備える」のであって、それ以外のものではない。

しかも、万が一、ロケットの一部が予想外場所、例えば居住地域に落下することが判明した際、PAC3がそれを打ち落とし、木っ端微塵にすることなどできない。

日本の上空(といっても領空領海のはるか上)を通過するロケットの打ち上げが嫌なら、日本は自前のミサイル防衛システムを強化すべきで、なおかつ核武装すれば、核対核のにらみ合いに持ち込むことができる。

アメリカの核の傘下にある以上、なめられることはあっても恐れられることはない。

自主的な国防力の強化

北朝鮮が戦後一貫して追求してきたことだが、日本はこれに学ぶべきだろう。

111
 
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら