北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

世界的大惨事 - 難民危機の実態

シリアとイラクでは、1,500万人が家を離れた。過去1年間、イエメンでの難民数は100万人に達した。

リビアでは、今年上半期だけでも43万4,000人の難民が発生、南スーダンでも82万人以上が家を追われた。

10月の一ヶ月間だけでも、中東と北アフリカ地域では昨年の難民数よりも多い21万8,000人が地中海を渡った。

今年に入って11月中旬までに、ヨーロッパに渡った難民の総数は、ほぼ100万人に達している。そのうち60万人がギリシャに集まっている。

ドイツでは、9月に、一日平均1万2,200人余りの難民が押し寄せた。

今年の初めからヨーロッパに入った難民たちを除いても、現在50万2,000人余りの難民がその途上にある。

世界各地で毎日、計り知れない多くの人々が死を覚悟して避難の道を選択しているが、彼らを待つのは決して平穏や安定した生活ではない。

数多くの難民が詐欺や懐柔に騙され、古びた密輸船に乗ってヨーロッパに渡ろうとして命を落としている。

4月18日、難民を乗せてリビアを出発し、イタリアに向かう船が沈没し、800人余りが犠牲となる惨事が起きた。

それからしばらく後には、数百人の移住民が乗った船の中で40人が窒息死する事故が発生した。

トルコ付近の地中海のビーチでは、3歳の難民の子供の死体が発見された。
 
海で命を失った難民の数は、今年に入って10月末までに3,320人余りに達した。
 
難民の間では、地中海を通じたヨーロッパ行きは、「墓への道」「死の道」と呼ばれている。

慰安婦→拉致、置き換えたらわかる、日朝問題

萩生田光一官房副長官 「慰安婦問題を次世代に引きずらぬよう知恵出し合いたい」

産経新聞に掲載された記事。

「慰安婦」を「拉致」に置き換えたらあら不思議。日朝問題に早変わり。

産経

慰安婦問題は歴代内閣でも誠意を持って対応してきました。ただ、結果として韓国側のゴールポストが動いているという印象を日本側は持っている。解決とは、ただ単に元慰安婦の人たちに対して何かするということだけではなくて、両国が世論を含めてきちんとおさめることです。後で蒸し返さない、引きずらない、そういう妥結点の知恵を両国が出し合っていくことになると思います。

置き換え

拉致問題は歴代指導者が誠意をもって対応してきました。ただ、結果として日本側のゴールポストが動いているという印象を朝鮮側は持っている。解決とは、ただ単に拉致被害者の人たちに対して何かするということだけではなくて、両国が世論を含めてきちんとおさめることです。後で蒸し返さない、引きずらない、そういう妥結点の知恵を両国が出し合っていくことになると思います。

拉致問題のゴールが「全員帰国」なら、日朝は永久にゴールにたどり着けない。

しかも、安倍が課した無理難題によって、日本人在留者や朝鮮人帰国者の帰還・往来の道は絶たれ続ける。

日本政府が北朝鮮が提示している調査報告書を受け取ることからしか日朝交渉は進展しない。 

日刊ゲンダイ 蓮池透氏「安倍首相は拉致問題を政治利用」

日刊ゲンダイのサイトに元家族会副代表の蓮池透氏のインタビューが掲載された

アクセス数を稼ぐためか、わざわざページを7つに小分けして掲載したゲンダイのやり方は気になるが、メディアから排除された蓮池透氏の主張をしっかり掲載しているところは感心する。

安倍首相の頭の中、はたして拉致解決がどれぐらいの割合で、どれぐらいの熱で占めているのか。

できもしない全員救出を掲げ、拉致問題を政治利用し、北朝鮮との交渉も政権維持の道具にする。

拉致被害者が生きているというのなら、本人もしくは警察なり、政治家なりを送り込んで徹底的に追求すればいい。

北朝鮮も何らかの進展を望んでいるし、調査結果を常に持っている。

北朝鮮は、拉致のみならず、日本人妻、帰国した在日朝鮮人を含め、一般でない住民の情報を常に管理しているので、あらためて「調査」しなくても名簿や情報がある。

しかもストックホルム合意には、拉致優先で解決なんって一言も書かれていない。

安倍氏の得意な二枚舌だ。

では、蓮池氏のインタビューに移ろう。冒頭からまともなコメント。続きを読む

フォント違うと専門家指摘、東京新聞入手「北のスパイ教本」信憑性

しつこいけど、悪質なので、三度指摘します。

東京新聞の「大スクープ」 

ネットでさらなる疑惑が指摘された。

こちらは東京新聞が掲載したスパイ教本の切り取り

to

そしてこちらは北朝鮮の労働新聞の切り取り 

ro
 
労働新聞のゴシック
ro2


赤線の文字「투」は「トゥ」と激音で発音する。

東京新聞側は「투」の上の子音部分「ㅌ」の左側縦棒がつながっているが、労働新聞側は「ㄷ」の上に「-」を乗せた形で縦棒がつながっていない。

windowsやインターネットでは、南韓国のフォントを使用しているのでつながっている「투」「ㅌ」

北朝鮮のフォントではつながっていない。

これが意味することは、この教本が北で作られていないということだ。 

東京新聞、マッチポンプ、我田引水

「北朝鮮拉致 もっとある」 憤る特定失踪者の家族

北朝鮮による拉致が国家を挙げての工作活動だったことを裏付ける内部文書の存在が本紙報道で明らかになった。文書は一九九七年以降に作成され、二〇一一年まで使われていたとされるが、日本政府の認定する拉致被害は一九七〇、八〇年代のみ。認定外だが拉致された可能性を排除できない特定失踪者の家族は「被害者は政府に認定された十七人だけではない」と訴える。 (小林由比、北川成史、西川正志) 
さて、東京新聞が北朝鮮のスパイ教本なる資料を入手したと「大スクープ」を打ったが、その次の日の記事がこれ。

マッチポンプというか、我田引水というか、なんというか、


続きを読む
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら

5/11配信の内容

★文在寅大統領は東アジアに安定をもたらすことができるか★

-文大統領は親北?反日?
-選挙快勝も国政は前途多難
-親北融和で突破口を
-対中国は無難に
※朝中関係一言