北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

対北制裁 中露の本腰参加はあり得ないという話

国連決議に反し核実験(水爆実験)を敢行した北朝鮮を締め付けようと周辺国が躍起になっている。

北朝鮮の貿易の9割を占めるという中国が制裁に参加すれば北朝鮮を経済的に孤立化でき、無謀な独裁者を除去できるとみている。

はたしてそんなうまい話が起こりうるのか。
続きを読む

デイリーNKとCIAの関係

米国民主主義基金(NED)という名の工作機関があるそうです。

その目的は、

  • 反政府派への資金援助を通じて、非親米的な政府に揺さぶりをかけるということ※1
  • 米中央情報局(CIA)が非公然でやってきたことを公然とやる※2
  • 米国民主主義基金の朝鮮半島地域機関への2014年度の提供額合計(206万ドル)は、2009年度の合計(135万ドル)より52.81%増加している※3

最近ネットでよく目にする「デイリーNK」はなんと36万ドル!!

出所不明、証拠不明瞭、確認方法なし、誤報放置、、、「北朝鮮なら何でもやっていい」の典型だが、いじめ大国・日本では大うけらしい。


2014年NED追加資金の約2,100万円と、2014年末のデイリーNK日本語版サイト復刊との関係が気になります。

と指摘している。

制裁ではなく対話を 拉致象徴の新潟から声

久々に日朝関係を語ろう。

新潟の民間団体が昨年、訪朝し、北朝鮮の日朝国交正常化交渉担当大使である宋日昊氏と面会。拉致被害者の再調査報告書は既に完成済みで、日本が受け取りを拒んでいるとの宋大使の説明を受けたという。

さて、食糧不足にもかかわらず核とミサイルを開発して世界を恫喝し、気に食わない幹部を次々と処刑・粛清する極悪独裁国家・三代目北朝鮮に、一般日本人が何をしにいったのか。。。
続きを読む

ビッグデータ 世界は北朝鮮を知ることができないという話

水爆の話題が続いたので、今回は別の観点から北朝鮮を見つめたい。

ビッグデータ

簡単に言えば、様々な情報を一手に集めて分析すれば、一定の傾向性がわかるというもの。

例えば、大手ネットショッピングサイトなどで、30代独身男性のネット閲覧履歴、購入履歴などから、どのような商品を売り込めば効果的かという戦略がわかる。

例えば、
続きを読む

北朝鮮 vs 米国 勝つのはどっち?

北朝鮮は帝国主義アメリカに本気で復讐しようと準備を進めてきた。

1998年8月 光明星1号(人工衛星)発射
2006年7月 ミサイル発射
2006年10月 第1回核実験
2009年4月 光明星2号(人工衛星)発射
2009年5月 第2回核実験
2010年5月 核融合反応に成功と発表
2012年4月 光明星3号1号機(人工衛星)発射(失敗)
2012年12月 光明星3号2号機(人工衛星)発射
2013年2月 第3回核実験
2013年7月 携帯型核爆弾部隊公開
2015年5月 北極星1号(SLBM)の水中発射
2016年1月 第1回水爆実験

さて、北朝鮮 vs 米国の結果はいかに?
続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら