北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

北の教本、わざわざ南の表記にするわけない

東京新聞いわく、「北朝鮮による拉致工作が金正日総書記体制の下で、国家の方針として行われていたことが裏付けられました。極秘文書を入手した城内康伸特派員の特ダネです。」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201511/CK2015111102000134.html
 
素人が北朝鮮情報を扱ったらこうなるという典型的な失敗。かつて毎日新聞が金正恩氏の写真初公開との大誤報を打って恥をさらした時を思い出す。

jp_article_


記事では、城内自身が指摘しているとおり、「拉致」など工作にかかわるいくつかの言葉は、北朝鮮の発音ではなく、韓国の発音に基づいて表記されている。

にもかかわらず、城内は、「工作員の主要な活動領域である韓国の実情に合わせて訓練されていたこともうかがわれる」と結論付けている。

いやいや、そうではなく、偽ネタを掴まされたことに気付かないのだろうか。

韓国の実情に合わせて訓練って、、、教科書なのに一部の表現、しかも題目の重要な単語だけ韓国式に表記する意味があるのか。

※ 拉致は北朝鮮表記では「ラプチ」、南韓国表記では「ナプチ」となる。城内が撮影した文書は「ナプチ」となっている。

あきらかに、誰かがありもしない資料を作ったか、誰かをはめるために元々ある教本の一部をいじって流したものだ。北朝鮮には軍事教本がいくらでもあるし、一般的な話でも軍事用語を使う時が多い。

いずれせよ、何らかな謀略があるとみる。

こんな大掛かりな仕掛けを作れるのは公安か国情院だろう。

謀略に利用された東京新聞だが、北朝鮮批判報道なら何でもよしの日本なので、たとえ誤報であっても、騙されていたとしても、スクープとして評価される。

それはそれでよしとしよう。 

日韓が粛清説垂れ流してた馬園春局長が久々メディアに復帰

はい、出てきました。

産経や週刊現代やデイリーNKなどが未確認の粛清説を垂れ流していた、北朝鮮の馬園春・国防委員会設計局長が久しぶりにメディアに登場しました。

はてはすぐに処刑されただの、金正恩第一書記に呼びつけられた際にショック死しただの、さんざん好き勝手書かれましたから。

本ブログは初めから粛清ではなく一般的な再教育であると確認していました。

大水害に見舞われた羅先市の復興現場を視察した金正恩第一書記に同行しました。

今後、職務復帰となるか、数々の建設を担ってきた馬局長の活躍に期待。

米韓は戦略立て直し迫れる 南北が合意の転機

南北高位級緊急会談で、北朝鮮側は遺憾の意を表明したが、謝罪はしていない。

会談後、北朝鮮当局は、地雷事件も砲撃事件も自分たちはやっていない、なので謝罪するわけがないと一貫して主張している。

一方、会談中、朴槿惠大統領は、北が謝罪して再発防止策をたてないかぎり、いかなる合意もすべきでないと支持していた。

にもかかわらず、南北はなぜ合意に至ることができたのか。

アメリカの指示は公式、非公式に伝えられている。

北朝鮮の核・ミサイル開発を止められず、アジア支配を確保できないアメリカは、行方不明となった潜水艦にビビって、南に即刻合意を求めた。

一般的な見方では、北朝鮮の軍事力は米韓に劣るので、北朝鮮が戦争する場合は先制攻撃しかないとたかをくくってきた。

しかし、今回、北朝鮮は、宣伝スピーカーを撤去しない場合、48時間後に攻撃すると通知してきた。

ただの脅しにすぎないという愚かな指摘があるが、北朝鮮が準戦時体制に突入し、前線の部隊をめまぐるしく機動させたことに米首脳部は驚愕した。

実際に米軍高官がCNNにそうコメントしている。

ここまでの現実があるにもかかわらず、戦争すれば北朝鮮が勝つという可能性を鼻で笑うのは、米韓日が北朝鮮軍事力を縮小して解釈、宣伝しており、その影響を受けているからだ。

北朝鮮の潜水艦にビビった米韓

韓国のメディア社長団が北朝鮮を訪問した際、金正日総書記に、「半島はいつ統一するのか?」と聞いたところ、金総書記は、「私が決心すれば今すぐにでも可能だ。潜水艦一つあれば十分だ」と述べた。

今回の南北高位級緊急会談中、北朝鮮の潜水艦50数隻が基地を離れ、軍事行動をとった。

韓国もアメリカも地球上のあらゆる海を自由に潜水して航海する北朝鮮の潜水艦を一席も拿捕できず、警告すら与えられなかった。

「北朝鮮による米本土攻撃→全面戦争」を受け入れられないアメリカは、韓国のカイライ政権に、北朝鮮との対話を受け入れるよう指示するしかなかった。

ちなみに、緊急会談に望む北朝鮮は初め、韓国を「大韓民国」という呼称を使った。いつもは「南朝鮮」や「カイライ」を好んで使用していたから驚きだった。

しかし、NKトゥデイの発行人である、全南大の李教授は、「大韓民国」と呼んだことは第3国の敵国という意味。「カイライ」なら自分の国の一部をアメリカに奪われている現状の表現なので、「大韓民国」という呼称は「カイライ」よりも韓国にとって屈辱的な表現であるはずだと分析した。

そんな皮肉も理解できず、「大韓民国」との呼称を好意的にとらえられた朴政権と下僕のメディアはバカすぎるという訳だ。

本当は裏で対話を提案していたアメリカ、8.24板門店合意の裏側

日本のみならず、世界中の多くの国と人々が、北朝鮮の外交を崖っぷち外交と表現する。軍事的衝突の緊張を高めて譲歩を引き出すというものだ。

国際的な包囲網のなかで孤立した独裁国家が背水の陣を張って瀬戸際外交をしている。

こう考えているのは素人。少しでも対朝問題に接したことがある人は、北朝鮮が緻密な論理と一糸乱れぬ統率で論理的に外交を繰り広げていることを知っている。

それを一番知っているのがアメリカだ。
続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら