北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

マレーシア事件は新たな段階へ

マレーシア事件が新たな段階に入った。

これまでマレーシア当局は北朝鮮に敵意むき出しで外交断絶までちらつかせて責任をなすりつけようとしてきた。

しかし、大国相手に生きるか死ぬかの駆け引きをしてきた百戦錬磨の北朝鮮の方が役者が一枚上。

汚職賄賂まみれのマレーシア政府は、北朝鮮の全力外交の前になすすべなく、北朝鮮犯行説を放棄せざるをえなかった。

遺体の移送、容疑者参考人を含む北朝鮮国籍保有者の移動制限解除、さらに従来通り大使館を双方運営し、ノービザの復活まですると言及した。

北朝鮮のコールド勝ちだ。
続きを読む

パワーバランスの転換、「情緒不安定」だったオバマ、決断迫られるトランプ

北朝鮮が核先制攻撃を実行に移せば、ものの数十分で在日米軍基地は吹き飛び、グアム、アラスカまでミサイルが飛来し、致命的な打撃を食らう。

そして米本土目前まで迫った核ミサイル搭載潜水艦の前でなすすべなく、実質的な降伏書にサインする。

北朝鮮が描く夢でも脅しでも何でもない。

米国の国防中枢の幹部がこう説明しているのだ。

今の米国に北朝鮮のミサイル攻撃を食い止める手段はない。

(山に隠れていて突如現れた移動式発射台から発射されるミサイルを打ち落とすことはできない)

かと言って、言葉通りに「戦略的忍耐」をしていても、北朝鮮の核ミサイル技術は進歩する。

恐れをなしたオバマは、サイバー攻撃で核ミサイルプログラムを破壊する方法を模索した。。。
続きを読む

対北朝鮮政策を転換、トランプ政権の選択

-新たな対北朝鮮アプローチが必要
-ティラーソンの日韓中歴訪で見えた中身
-核保有国との平和条約締結という結末

以下本文

 続きを読む

北朝鮮を取り巻く各国の思惑と今後のシナリオ

マレーシアパニックにかなり引きずられた。

久々に情勢について語ろう。

北朝鮮問題に関する各国の思惑と今後のシナリオを書きなぐってやった。。。 続きを読む

マレーシア事件 北朝鮮大使館封鎖は監禁人質 泥沼の大喧嘩

マレーシア警察は7日、クアラルンプールにある北朝鮮大使館を封鎖した。

北朝鮮大使館の職員が外出しようとしたが、門の外で見張っている警察によって遮られた。

こんな非常識な出来事は前代未聞。

しかし北朝鮮問題となると目がくらんでしまう人々は、北朝鮮が悪くて、マレーシアの断固とした対応は良いとしているから困ったものだ。。。
続きを読む
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら

5/11配信の内容

★文在寅大統領は東アジアに安定をもたらすことができるか★

-文大統領は親北?反日?
-選挙快勝も国政は前途多難
-親北融和で突破口を
-対中国は無難に
※朝中関係一言