北朝鮮メディアが潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験に成功したとして報じたミサイルの写真について、韓国のMBNテレビは9日、噴射する煙の量が少ないなど不自然な点があり、合成写真の可能性があると報じた。

 写真ごとにミサイルの角度が違うように見えるとも指摘している。北朝鮮は過去に軍事訓練を報じた写真などでも合成が指摘されたことがある。(ソウル共同)

20


 産経新聞が喜んで飛びつきそうな話題だが、惑わされてはいけない。

 たとえ北朝鮮が発表した写真が合成であったとしても、 「北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験に成功した」ことが嘘だとは限らない。

 北朝鮮の報道は、事実をありのまま伝えるのではなく、美化して伝えるのが基本。たとえ発射成功が事実であっても、金正恩の指導を輝かしく伝えるためなら合成も辞さない。

 「合成?だから何なの?」と聞こえてきそうだ。

 ワシントンやソウルの慌てようを見ればおわかりだろう。ロシア産の潜水艦を改造し、乗組員の安全などを度外して改良すれば、核も人工衛星もICBMも持っている北朝鮮がこうした技術を得たことは驚くことではない。

 日本だけが、合成だ、金正恩はアホだ、朝鮮人を日本から叩き出せと吠えている。

 安倍大先生は日本を軍事大国にするための突破口を開こうとしておられるが、日本がその気になれば核だろうがミサイルだろうが何でも作れる。実際、米軍に技術提供している。

 ただ、要所のところで日本も韓国も、米国に最新鋭兵器を持たせてもらえないでいる。

 大国の縛りのない北朝鮮の伸びしろは無限大だ。 
MM00231180
MM00231179
MM00231178
MM00231177
MM00231176
22
21
20