たまには日本の立場から朝鮮半島情勢を語ってみる。
今の緊迫した北朝鮮問題は作り上げられた緊張状態だと何度も指摘してきた。

しかし、日本がある意味、重要局面にあるのも事実だ。

もし米朝間で何らかの不本意な事故や誤解をもとに戦争がおきたらどうなるか。

北朝鮮は韓国や日本の米軍基地に向けて、持っているすべての火力を投じる。

これらを米韓日がすべて防ぎきることは不可能だ。

たとえ米国が北朝鮮に対して軍事拠点に核攻撃を加えたところですべてを破壊することなど不可能だし、生き残った北朝鮮兵士が日韓のインフラ施設や原発に攻撃を加えたらひとたまりもない。

米国は日本を全力で守ると高らかに宣言したが、その言葉がすなわち、日本は無傷であるという安全保障ではない。

それでも日本は米国の核に守られている状態なので米国にすがるしかない。

すると、北朝鮮がレッドライン(核実験かICBM発射か)を越えて、米国が攻撃を決心するとき、日本は北朝鮮の反撃を受ける覚悟をしなければならないということだ。

それでいいのか日本!?

日本の現在地はここ。岐路に立っている。

左寄りの人たちは、「米国と北朝鮮がテーブルに着くよう日本が説得すべきだ」とか、「米韓合同軍事演習こそ北朝鮮を刺激するもので、やめさせるべきだ」とか、平和な解決を求める。

しかし、一方でこうした意見は、現実的に核ミサイルを突きつけられたら結局、米国に頼るしかないので、空虚な主張に映る。

たとえ日本が世界的に好かれて信頼されているとしても、究極的に、何が日本を守るのか、、、国際社会が守ってくれるとでもいうのか、、、平和ボケの一種に見える。

右寄りの人たちは、「米国と結束を強めて北朝鮮に圧力を加えるべきだ」と、さらに踏み込んで、「独裁者を対峙して地域の平和と安定を手にするには多少の犠牲は避けられない」と、北朝鮮への攻撃、レジュームチェンジを容認する。

ここ数年で顕著になってきた日本会議など、保守や極右勢力の考えはもっと踏み込んでいるように見える。

結局、日本の安全を守るのは誰か?担保は何か?

――それは日本自身であり、核などの戦争抑止力である。

米国の核の傘の下にいて守られていても、戦争になれば必ず被害を受ける。いくら外交努力をしても、完全に守ってくれるものはない。

それなら自分の身は自分で守るべきだ!

核とICBMがあれば攻撃されることはない!

日本軍を復活させ、核武装すべきだ!

駅で演説している右翼の街宣のように聞こえるが、あながち間違いではないのでは?

一昔前はこんなことをいう国会議員は即刻退場だったが、今では珍しくなくなった。

日本が核武装すれば、北朝鮮に対してだけでなく、米国や中国とも対等にわたりあえる。

対等どころか、日本の資金や技術をもってすれば、イニシアチブを握れるかもしれない。

日本はこれからも米国に隷属して生きるのか、自分の運命を自分で切り開くのか、北朝鮮問題はそれを日本に突きつけている。

ちなみに、こうした国家的な自立という発想は、北朝鮮のチュチェ思想(主体思想)に通じるものがある。

北朝鮮は誰の干渉も受けずに民族自決権を守る、自主、自立、自衛を第一の国家理念としている。

だから飢え苦しんでも核ミサイルを開発してきた。

そして、米国と対等に渡り合うにいたった。

右翼がやっていることは北朝鮮と同じじゃないかと感じることがあると思う。

どこかの園児が謳う「きょういくちょくご!」

左右いずれも極めれば真理に到達する。

米朝が平和条約を結び、駐韓米軍が撤退し、トランプが「もっと金を払わないと日本から米軍を引き揚げる」とでも言い出したら日本はようやく決心するのか?

それでも米国を信じて突き進むのか。。。

自立の覚悟をし、米国とも中国とも、ロシアともユーロとも等距離外交をしていくことが歴史の王道であるように思う。

そのための一歩であるなら、安保法制整備も間違いではない。

米国が作り上げる北朝鮮危機に日本が乗っかってうちわを扇ぐ裏には、こういう壮大な思惑があるのだろうか。