衆院選は自公の勝利となった。

小池・希望の大失態によって、バラバラになった野党は、勝てる選挙を落とした。

しかし、枝野・立憲民主は今後の日本政治に少しばかり明るい光を灯した。

右か左か、保守か進歩か、リベラルか、権威主義か、

不用意な言葉の使い方によるレッテルの貼り合いをやめさせ、政治思想信条に率直に向き合う必要性を説いたと思う。

保守とリベラルは対局ではない。

今回の衆院選に関してさまざまな記事が出回っているが、この記事が一番勉強になった。

「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学