テレビがめでたいのか、愚行を許す国民がめでたいのか、、、

トランプ、安倍という客観的に見て完全にアウトな(少なくともメディアはそういう報道してきた)無能政治家の猿芝居に何をフィーバーしているのやら。

対話の時ではないなら戦争だと言うことか?

安倍首相は、政治素人のトランプ大統領をおだてて北朝鮮を攻撃するようそそのかし、その火の粉をかぶってでも日本の武装強化を進めようとしている。

日本が戦争被害に遭っても、自分の政治信条を達成できるのならいいという発想だ。

北朝鮮の核ミサイル脅威をことさら煽り立てる一方、平和的解決の努力をした痕跡は一つもない。

何度でも書くが、安倍首相の狙いは、北朝鮮を滅亡させるため、米国に軍事攻撃を実行させ、日本の自主防衛強化を進め、自主独立日本を築くこと。

そのためには国民の血税を献上し、命までも差し出す。

アメリカ帝国さえも踊らされる。
-北朝鮮問題に対して、日米の強固な結束を示した?

圧力を加えることで一致しようが何しようが、北朝鮮の行動や考え方を変えることはできないのは明らか。

そもそも、安倍首相は、トランプ政権があらゆる選択肢を机上に置いて取り組むことを支持するとしているが、その選択肢の中には軍事攻撃もあれば外交交渉もある。

にもかかわらず、安倍首相は、対話に意味はないとも言っている。

とっても矛盾した発言だ。

対北朝鮮政策で完全に一致したのは、無策であることに一致したということなのだろう。

-日本が米国から兵器を購入することで合意した?

トランプ「私が大事だと思うのは、日本がアメリカから大量の兵器を購入することだ」

安倍「これからさらに購入していくことになるだろう」

最新鋭ステルス戦闘機「F35」:6機881億円
改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」:472億円(ミサイル1発40億円)
垂直離着陸輸送機「オスプレイ」:4機472億円
地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」:2基1600億円

まさに打ち出の小づち

トランプ大統領は好きなゴルフにステーキでおもてなしを受け、兵器購入も確約をもらい、ご満悦のことだろう。

さて、そうした兵器で北朝鮮や中国と対峙できるはずはなく、すでに巨大な鉄くずになることは確定している。

そんなもんを買う金があれば保育園作れ、保育士の給料上げろ。

-拉致問題を世界にアピールした?

拉致問題は日朝間の対話でしか解決できないが、安倍首相は対話すべきでないとしている。

北朝鮮を圧迫すればするほど、北朝鮮にいる日本人の立場は危うくなる。

全員を帰国させるのが拉致問題の解決だと定義したくせに何ら手を打たない安倍政権だが、こういう時は宣伝材料に使う。

それに嫌気がさしている拉致被害者家族がいることを忘れてはならない。