朝鮮半島情勢が平和、対話を中心に急展開している。

こうなると「北朝鮮の本当のはなし」も世に出回るようになり、当ブログの執筆テーマも限定的になる。

ブログ更新、メルマガ配信が滞っている言い訳としておく。

さて、世界が注目する歴史的な朝米首脳会談が迫っている。

そこで気になるのがその開催地。

当ブログが一貫して主張(予想)する平壌開催について解説しよう。
当ブログが一貫して解説しているように、朝米関係の基本は北朝鮮がアメリカを降伏させることだ

トランプが北朝鮮に殴りこんで行って非核化に合意させるという幻想をいまだに信じているメディア、政治家がいることが不思議でならない。

日本のメディアが使う「北朝鮮の非核化」という表現は不正確で、今扱われている問題は「朝鮮半島の非核化」なのだ。

つまり、北朝鮮が一方的に核放棄して武装解除するような話ではなく、北朝鮮が核放棄するのと同じく、アメリカが韓国に持ち込んだ核も廃棄し、なおかつ米軍を撤退させ、終戦・平和条約を締結することが、南北、そしてアメリカ、中国の共通目標なのだ。

これがわからない、わかりたくないから日本は蚊帳の外なのだ。

駐韓米軍撤退を信じられない、信じたくない日本や韓国の右翼保守勢力は、真実から目を背け、会談を妨害しようと躍起になっている。

その典型が安倍首相、河野外相の圧力一辺倒発言であり、日本のメディアや評論家の時代錯誤な解説に表れている。

アメリカが北朝鮮に謝ることで終戦に向かい、朝鮮半島の平和を担保するものとして、朝鮮半島の非核化、南北融和、朝米国交樹立へとつながる。

これまでの米大統領はこの決心ができなかったが、トランプ大統領は駐韓米軍の無駄を省き、この地の和平を主導したことで評価を得られると算段し、決心した。

ここまで、日本のメディアと正反対の見方をしているので、初めて読んだ方はびっくりするだろうが、現実はこういうことだから早く気付くべきだ。

過去の投稿を読んでいただければ、いかに日本のメディアや評論家が嘘、捏造、知ったかぶりにまみれているかがわかるだろう。

当ブログの見方、「北朝鮮の本当のはなし」を知れば、この問いの答えもみつかる。

朝米首脳会談の開催地は?

北朝鮮と韓国は、分断の象徴である板門店で、アメリカの降伏宣言に等しい「朝米板門店合意」か何かを生み出したい。

アメリカとしては、屈辱的な停戦協定に調印した敗北の象徴で再び降伏書にサインする構図は避けたい。

そこで第三国で開催が検討されているという訳だが、それは首脳から遠い周辺の分析にすぎない。

そもそも朝鮮半島について話し合うのになぜスウェーデンやシンガポールで話そうとするのか、意味がわからない。

実際には、

トランプ大統領は初めから平壌開催を望んでいる。

トランプ大統領としては、自分が平壌に乗りこんで行って非核化に調印させたという構図にできる。

北朝鮮としてはホーム開催を断る理由はない。

両国の思惑は一致している。

ただ、平壌開催に反対して足を引っ張る勢力もいる。

金正恩委員長は本人の一言で決定が可能だが、トランプ大統領は言えども自分の一言ですんなり決定できるような強権を持っていない。

米政府内で平壌開催に向けた調整、せめぎ合いが行われているのが現状だ。

ポンペオ米国務長官が再び訪朝したと伝えられる。

平壌開催の最終確認だ。

よほどのことがない限り、近日中にも発表されるだろう。