北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

朝鮮発

「拉致誰も関心ない」「被害受けるのは日本」 暴言の裏の顔

安倍政権では日朝関係は進展しない。

安倍政権は北朝鮮危機を煽って自分がやりたい政策を進めていくことに利用している。

だから拉致だろうがミサイルだろうが、解決してしまっては困るわけで、悪い関係を続けたがっている。

だから北朝鮮に対しては圧力を加えるしかない。

自分の政治目的遂行のためには拉致も踏み台にする。

北朝鮮はどうか?

北朝鮮の対日交渉担当の宋日昊(ソン・イルホ)が平壌で日本のメディアと会見した。

「戦争になれば真っ先に被害を受けるのは日本だ」と脅した上、

日朝ストックホルム合意は「破棄された」「誰も関心がない」と吐き捨てた。

一方、日本が制裁を解除するなど、対応次第では対話に応じる考えも示唆した。

宋日昊大使は長年、日朝交渉を担当してきた。

「これをやればこれをやる」「この約束を破ったから我々は応じない」

日朝交渉をバッサバッサと切りつけてきた強面外交官。まさにやくざそのものだ。
続きを読む

北朝鮮から見た日本という国

ツッコミどころ満載だが、北朝鮮は日本をこう見ている。

日本語訳もあやしいというか、笑ってしまうような単語が登場するが、その辺はスルーして。。。

要旨(日本語訳) : 続きを読む

とれたて! 北朝鮮の生映像

イギリス人ユーチューバー、ルイス・コール(Louis Cole)氏が北朝鮮を旅行し、人々と交流した様子を写した動画を10回にかけてアップ、おおむね好評を博している。


しかし、Forbes Japanに掲載された記事は、北朝鮮国内の食料不足や人権侵害に目をつぶって北朝鮮のプロパガンダに肩入れしていると批判した。

その記事は、ニューヨークに本部を置く人権NGOのヒューマン・ライツ・ウォッチが「北朝鮮の人権に関する国連調査委員会が2014年に発表した報告書によって殺人や殲滅、奴隷、拷問、拘禁、レイプ、強制堕胎など他に類を見ない人権侵害が行われている実態が明らかになっている」と批判していることを根拠としている。

この記事を執筆した記者?編集者?はどんな人権間隔を持っているのだろうか。

殺人事件がどこで起きているのか、レイプがどこで起きているのか。。。

こんなくだらない記事はさておき、当該動画が好評であることは、動画の再生回数と高評価の割合がそのまま示している。

一度再生を。

コール氏は、「今回の旅行の目的は北朝鮮の人々とつながり、我々の愛を伝えることだ」と主張している。

北朝鮮の電力事情 「1000万kwはいかに可能か」

ここ数カ月、北朝鮮の外交問題ばかりを取り上げてきたので、たまには国内の経済事情を取り上げよう。

北朝鮮経済発展のカギは電力にある。

首都平壌でも停電は日常茶飯事で、いつでも電気が来る住宅などは皆無に近い状態。「市民が米ドルをこよなく愛しているのに何が米帝打倒だ」という矛盾と同様、「家庭に電気が来ないのに何が強盛国家だ」と現地で言ったら嫌われるので要注意。

北朝鮮は国内1000万kwの発電能力を目標に掲げている。

国内の実質総発電力=一度に発電できる電力の合計は、過去最高値が1980年代後半に記録した800万kwほど、現状は多くて700万kw程度だと言われている。90年代から2000年代初頭に著しく低下したが、発送電システムの改善と水力発電所の建設、自然エネルギー発電の導入により、回復してきた。

最近、平壌の電力事情が改善しつつあるという。今まで、「一日に1、2時間」しか電気がこなかった地域に24時間電気が通っていたり、とにかく市内のアパートが明るいのだと言う。

噂好きの平壌市民は、「中国への石炭輸出を控えて国内に回しているから」とか「ロシアから電気を送ってもらっているから」とか未確認情報に関心を寄せている。

本当のところはどうなのか? 
続きを読む

党大会で沸く北朝鮮にゾンビ出現か!

北朝鮮で朝鮮労働党第7回大会が4日間にわたって盛大に行われた。

金正恩第一書記が党委員長に就任したことよりも驚きなのは、ゾンビが現れたことだ。

日韓メディアがこぞって処刑説を主張していたリ・ヨンギル、キム・キョンオクなどの名前が党中央委員会政治局候補委員、党中央軍事委員会委員に連ねている。

さて、北朝鮮の核開発うんぬんより先に、この事実について、嘘八百並べていたメディアに説明してもらいたい。

「処刑か」と書いたから間違いではないとでも言い逃れするのか?

「か」を付ければ何とでもなるのなら、どんな捏造だって可能だ。

まずは自らの間違いを改めるべきだ。
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら

7/20配信の内容

★朝米和平迫る、北朝鮮ICBMで米国の敗北は確定★

-手出しできない米国
-米国の敗北という意味
-トランプはどう動く?
―朝米和平に備える周辺国