北朝鮮の本当のはなし

本当におかしな国ならとっくに崩壊しているが、、、

北朝鮮報道の見方

米国完敗、追い詰められたトランプ政権が選んだ北朝鮮政策

無料メルマガ「アニョにちは」No.0062 発行日:2017.06.22

★米国完敗、追い詰められたトランプ政権が選んだ北朝鮮政策★

−トランプはなぜ対北朝鮮政策の決定を遅らせたのか?
−米国は北朝鮮に敗北する覚悟を決めた
−対北朝鮮政策の矛盾を考える
−トランプが選んだ現実路線
−誰も考えようとしない、北朝鮮の対米政策

本文はこちら、、、続きを読む

北朝鮮を知らなすぎる日本の北朝鮮「専門家」

無料メルマガ「アニョにちは」、6月6日発行の内容

★北朝鮮を知らなすぎる日本の北朝鮮「専門家」★

-デタラメばかりの軍事ジャーナリスト
-米国が北朝鮮と戦争できない理由は何か
-北朝鮮の科学技術、驚愕の発展速度

本文はこちら、、、
続きを読む

日本口撃がエスカレート 北朝鮮の報道の見極め方

北朝鮮が日本に対して過激な「口撃」を展開している。

6月8日付、朝鮮平和擁護全国民族委員会は代弁人声明「日本は共和国の核戦力の前で島国の運命をもって賭博をしてはいけない」を発表した。※代弁人=スポークスマン

現在のように、日本がわれわれの拳骨の近くで意地悪く振る舞っていれば、いったん有事の際、米国より先に日本列島が丸ごと焦土化されかねないということを認識すべきである。

とっても過激。

そんなに安保情勢に不安があるなら、米国の犬になって奔走するのではなく、米国の軍事基地を日本から追い出せばいいじゃないかと、痛いところをついてくる。

日本の街頭でよく右翼が街宣活動をしているが、日本も核武装すべきとの論調を耳にすることがある。

北朝鮮の米軍基地を追い出せという主張と、日本右翼の核武装主張は、整合性がある。

金正恩がミサイルをばんばん打って、安倍が安保法制を進める。

裏でつながってるんじゃないかというブラックジョークが冗談と言えなくなる。

反中国で北朝鮮と日本が手を組むというウルトラCも戦略としてはありだろう。

さて、今回、北朝鮮は「代弁人声明」という形式で日本を口撃した。

長年北朝鮮を追っている人なら、北朝鮮の日本攻撃が一段階上がったとすぐにわかる。

というのも、、、
続きを読む

北朝鮮は米国の空爆をどれぐらい阻止できるのか

6日の報道では、原子力空母ロナルド・レーガンとカール・ビンソンは日本海から離れた。

これを報じた日経新聞

両打撃群は日本海を離れるが、米原子力空母は1日で約1200キロメートルも移動できるため、空母レーガンは西太平洋海域にいる限り数日以内に半島周辺に戻れる。

戻れるって何だ?

現代の戦争で「数日」は命取り。つまり、日本海にいない空母に朝鮮半島有事に対応できる能力はない。到着したころには戦争は終わっているのだ。

ちなみに、2個の空母打撃群を日本海に展開させたことによって北朝鮮の軍隊を疲弊させたことが成果だという。

放射性物質を満載した鉄くずを東へ西へと走らせている戦争ごっこに何の意味があったのだろうか。

それをあざ笑うかのように、北朝鮮が新型の「反航空迎撃誘導武器システム」のテスト射撃に成功したと発表した。

1年前のテストでは3発中1発の命中だったが、今回は4発全部的中させた。

その実力について公開情報をもとに整理する。
続きを読む

できると言ってるのにできないと言い張る日本の北朝鮮「専門家」

北朝鮮が「ある」と言ったら「ない」と言い、「ない」と言ったら「ある」と言う。

北朝鮮が「できる」と言ったら「できない」と言い、「できない」と言ったら「できる」と言う。

日本のメディアや評論家は、北朝鮮の話になるとたちまち支離滅裂になる。

一般市民が知りえないし、どうでもいいことなので検証されない。

「テポドン」や「ムスダン」や「スカッドなんたら」という名前は北朝鮮が付けた名前ではない。

米、韓、日が北朝鮮のミサイルを分析して便宜上、勝手につけた呼称だ。

だからその名前で語られても、何の話だかわからなくなる時がある。

軍事ジャーナリストなる肩書のお偉方によると、、、
続きを読む
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
無料メルマガ登録
もっと北朝鮮の真実に迫りたい人向けに月2回ほどひっそりとメルマガを配信しております。
登録はこちら

6/22配信の内容

★米国完敗、追い詰められたトランプ政権が選んだ北朝鮮政策★

-トランプはなぜ対北朝鮮政策の決定を遅らせたのか?
-米国は北朝鮮に敗北する覚悟を決めた
-対北朝鮮政策の矛盾を考える
-トランプが選んだ現実路線
-誰も考えようとしない、北朝鮮の対米政策